クレジットカード現金化の業者に関する嘘に注意しよう

業者を利用してクレジットカード現金化をする場合、嘘に騙されないように気をつける必要があります。
業者もビジネスなので、所々で嘘をついているケースが珍しくありません。
ではどんな嘘に気をつけないといけないのかを紹介します。

換金率の嘘について

クレジットカード現金化の嘘で最もポピュラーなのは、換金率に関する嘘です。
厳密にいうと嘘ではないこともありますが、換金率があまりにも高いのは嘘の可能性が高いです。
たとえば「最大換金率90%!」と広告に出ていたら、90%で換金してくれるかもしれないと思いますよね。
90%で換金してくれるなら、積極的に利用したくなります。
ただ、あくまで「最大」としているのがポイントで、必ずしも90%になるとは限りません。
最大換金率90%でも結局は手数料などの諸費用を引かれ、もっと低い換金率になってしまうことがあります。
これでは広告が嘘だと指摘したくなりますよね。
このような誇大広告の嘘に騙されないためには、利用前に業者と連絡を取って実際にいくらになるのかをはっきりさせることです。
また、その時にどのような接客をされるのかも、利用するかどうかの判断基準になります。
嘘に騙されないように慎重に対処しましょう。

入金スピードに関する嘘について

金策に奔走している時は、1秒でも早くお金を手に入れたいですよね。
ですので入金スピードを基準に、業者を選ぼうとするケースは少なくありません。
ただし、入金スピードについて広告をそのまま信じるのはあまりおすすめできません。
たとえば「即日入金OK」とあっても、実際は即日入金されないことがあります。
条件が整っていれば即日入金されることもありますが、そうでなければすぐには入金されないこともあります。
これは入金スピードに関して嘘をついているととらえることもできますよね。
「すぐに入金できる」と広告を出したほうが集客しやすいのは間違いないため、入金スピードが早いことをアピールしています。
ですが本当に早いとは限らないので「もしかしたら嘘かもしれない」と身構えておくのが無難です。

評判に関する嘘について

クレジットカード現金化で業者を利用する前は、業者の評判についてネットで調べますよね。
調べて業者の評判が良かったら、安心してその業者を利用できます。
しかし、ネットの評判は、時に嘘が紛れていることもあるので注意しないといけません。
いわゆるサクラによる嘘の評判が、ネットに出回っている可能性があります。
本当の評判と嘘の評判を見分けるのは難しいので、最初から鵜呑みにしないように気をつけるしかありません。
それでも評判が気になる場合は、周りに実際に利用した人がいないか探すのが正確な評判を知る確実な方法です。
ネットの嘘の評判に振り回されないように十分注意しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の業者に関する嘘について気をつけたい点をまとめました。
広告の換金率や入金スピードに関する嘘には、特に気をつけましょう。
またそれら以外に、ネットの業者の評判も嘘が混じっている可能性があります。
業者の評判を鵜呑みにしないで、なるべく実際に利用した人を探して話を聞くのが無難です。
さまざまな嘘に騙されないように気をつけることが大切です。